So-net無料ブログ作成
検索選択

1300年前の皇族の暮らし再現 平城宮跡資料館24日公開(産経新聞)

 奈良文化財研究所の平城宮跡資料館(奈良市)が平城遷都1300年にあわせてリニューアルされ、22日、報道陣に公開された。平城遷都1300年祭のメーンイベントが開幕する24日に再オープンする。

 奈良時代の宮殿内や役所を再現展示しており、正倉院宝物を模造した品々を並べるなどして皇族の書斎や寝室、居室などを設けた。ジオラマや出土遺物、映像を通じ、当時の平城宮の様子を体感できる。

 平城宮跡資料館は昭和45年に開館。約20年ぶりの改修工事のため昨年6月から休館していた。

【関連記事】
平城遷都1300年祭 メーン会場、収容力不安も
四神と十二支壁画完成 奈良・平城宮跡大極殿
奈良平城京に日本の源流を見る
指揮者の西本智実、谷村新司ら公演 秋に平城遷都1300年「音絵巻」
英皇太子がアフガン訪問 兵士を激励、攻撃開始後初
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

群馬の1100万年前地層で発見 化石は新種のヒゲクジラ類(産経新聞)
円山動物園 ヒグマ館オープン 雌の「とわ」人気 札幌(毎日新聞)
アパート放火か、女性2人死傷=容疑で捜査−警視庁(時事通信)
山崎飛行士 優希ちゃん抱きつく 家族と15日ぶりに再会(毎日新聞)
25万本のチューリップ、色鮮やかに=茨城県ひたちなか市〔地域〕(時事通信)

「暴行、脅迫ない」郵便不正公判で副検事証言(読売新聞)

 郵便不正事件に絡み、自称障害者団体「凛(りん)の会」に偽の障害者団体証明書を発行したとして、虚偽有印公文書作成などの罪に問われた厚生労働省元局長・村木厚子被告(54)の公判が14日午前、大阪地裁であった。

 村木被告の部下だった室長補佐らを取り調べた大阪地検の牧野善憲副検事(42)ら2人の証人尋問が行われ、「暴行や脅迫はしていない」などと証言した。

 当時の部下らは捜査段階で「村木被告から、凛の会会長の倉沢邦夫被告(74)を紹介された」と供述したが、公判では「記憶にない」などと否定している。

 牧野副検事はこの日の証人尋問で、供述調書の内容について、「いずれも自発的に供述したもので、こちらから内容を誘導したことはない」などとしたうえで、「室長補佐が不合理な説明を繰り返したので、机を1回たたいた」などと述べた。

「基本方針」修正必要…官房長官示唆(読売新聞)
<事業仕分け>川端文科相が枝野刷新相に苦言(毎日新聞)
【ECO最先「探」】夢の植物性固形燃料 CO2実質排出量ゼロ(産経新聞)
内閣支持、続落23.7%=56.5%が不支持−時事世論調査(時事通信)
<春の高山祭>小雪の舞う中で開幕 屋台12台が登場(毎日新聞)

GW連続休暇、平均5・4日…昨年より短め(読売新聞)

 全国の主要企業が今年のゴールデンウイーク中に予定する連続休暇の平均日数は5・4日であることが15日、厚生労働省の調査で分かった。

 昨年実績より0・3日短い。

 調査は全国1330社を対象に行われ、1116社(製造業540社、非製造業576社)から回答を得た。7日以上の連休を予定している企業は全体の22・4%(225社)で、昨年より0・7ポイント減。最も長い連休は12日間で、製造業2社が予定している。一方、飛び石を含めた通算の連休日数も平均5・4日だった。

 「昨年より連休が減る」と回答した企業(263社)に理由を聞いたところ、「暦の関係」が90・9%と最多だった。厚労省は、「今年は、『昭和の日』の4月29日後の連休の谷間が短いため、まとめて休みをとってもその分短くなったのではないか」と推測している。

【from Editor】同音異義語たちと仲良く(産経新聞)
たちあがれ日本「10議席目指す」 夏の参院選(産経新聞)
停車中の都営バスに追突、乗用車の男性が重体(読売新聞)
<鴻臚館跡事務所火災>連続放火の疑い 付近で5件の不審火(毎日新聞)
省内業務を縮小・中断=強毒型インフル発生時で人員計画−厚労省(時事通信)

「中川一郎以来の間柄」=新党参加で義雄氏(時事通信)

 自民党の中川義雄参院議員は7日午後、平沼赳夫元経済産業相らの新党に参加する意向を表明したことについて、「平沼さんとは、中川一郎(元農相)以来の間(柄)だから、今後も一緒にやっていく」と説明した。党本部で記者団に語った。義雄氏は、一郎氏の弟。 

<名張毒ぶどう酒事件>他の新証拠は否定 再審は再鑑定次第(毎日新聞)
<訃報>坊城としあつさん88歳=日本伝統俳句協会理事長(毎日新聞)
小沢氏、訪米見送りを正式表明(時事通信)
アトムと一緒に入学式(産経新聞)
仕分け人8人を発表(産経新聞)

介護有資格者が競う全国大会、11月に開催(医療介護CBニュース)

 NPO法人なごみの里は4月5日、介護従事者たちが分野ごとの技能を競う全国大会を11月10、11の両日に島根県出雲市で開催すると発表した。対象は役職に就いていない介護有資格者。

 全国大会の名称は「オールジャパンケアコンテスト(AJCC)」。「認知症」「食事」「入浴」「排泄」「ターミナルケア」の5分野別に優秀者を選考する。優秀者には表彰状とメダルが授与される。選考方法は「筆記」「ディスカッション」「実技」で、分野ごとに3人の専門家が審査する。また、介護用品のブースも併設する。

 大会参加者は200人までで、参加費は5000円。一般入場者は500人を見込んでおり、入場料は各日500円。後援は島根県や日本医師会など。

 柴田久美子代表は「職能をまたいだ全国レベルの介護職大会は珍しい。離職率が高い介護職を盛り上げ、サービス品質の底上げにも貢献したい」としている。

 なごみの里はAJCCを毎年開催する方針で、2回目の大会を鳥取県で行う予定だとしている。


【関連記事】
介護福祉士国試、合格者7万人超で過去最高―2回連続減から一転
介護人材の養成の在り方で議論―厚労省検討会が初会合
STの合格率は7.5ポイント増の64.8%、MEは微増の81.4%
地域ケアの必要性を強調―宮島老健局長
職員数の増員など求め要望書―特養ホームを良くする市民の会

最低視聴率を更新=NHK朝ドラ(時事通信)
一部保有のホテル、資産報告書に不記載…小沢氏(読売新聞)
郵政票>民主らしさ 「郵政」対立収拾も… しこり残す小沢流の影響(産経新聞)
金券店に偽造収入印紙 詐欺未遂容疑などで男逮捕(産経新聞)
<核兵器廃絶>プラハ演説から1年 被爆者、決意新たに(毎日新聞)

中3女子、大麻所持で逮捕=制服のポケットに−兵庫県警(時事通信)

 神戸市須磨区の同市立中学3年の女子生徒(14)が、制服のポケットに大麻を持っていたとして、兵庫県警須磨署が大麻取締法違反容疑で逮捕していたことが4日、分かった。
 神戸市内では昨年12月から今年1月の間に、当時14歳の2年生ら女子中学生4人が逮捕・補導されている。同署によると、今回逮捕された女子生徒は容疑を認め、「友人からもらった」と話しているという。
 逮捕容疑では、女子生徒は2日、学校の制服のポケット内に大麻0.1グラムを所持していた疑い。
 同署によると、生徒の両親が同日、「娘が大麻を持っている」と同署に相談。同署員が女子生徒から事情を聴いたところ、制服のブレザーの左ポケットから大麻が見つかった。
 女子生徒は、これまでに逮捕・補導された女子生徒らと知り合いだと話しており、同署は入手先を調べる。 

【関連ニュース
「酒井法子」「飯島愛」がアジアで愛された理由
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔写真特集〕違法薬物〜密輸、栽培の実態〜
「罰則厳しい」と懸念表明=邦人死刑通告で中国首相に
死刑執行通告、さらに3邦人に=覚せい剤密輸で中国政府

携帯メール、ネットで一気にデマ拡大 竹下通りがパニック(産経新聞)
指定弁護士3人を選任 JR福知山線脱線事故で神戸地裁(産経新聞)
「騒音増す」シュワブ地主ら契約更新拒否の意向(読売新聞)
市販薬ネット販売禁止は「合憲」…東京地裁(読売新聞)
阿久根市長、同じ職員を2年連続さらに降格(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。