So-net無料ブログ作成
検索選択

介護有資格者が競う全国大会、11月に開催(医療介護CBニュース)

 NPO法人なごみの里は4月5日、介護従事者たちが分野ごとの技能を競う全国大会を11月10、11の両日に島根県出雲市で開催すると発表した。対象は役職に就いていない介護有資格者。

 全国大会の名称は「オールジャパンケアコンテスト(AJCC)」。「認知症」「食事」「入浴」「排泄」「ターミナルケア」の5分野別に優秀者を選考する。優秀者には表彰状とメダルが授与される。選考方法は「筆記」「ディスカッション」「実技」で、分野ごとに3人の専門家が審査する。また、介護用品のブースも併設する。

 大会参加者は200人までで、参加費は5000円。一般入場者は500人を見込んでおり、入場料は各日500円。後援は島根県や日本医師会など。

 柴田久美子代表は「職能をまたいだ全国レベルの介護職大会は珍しい。離職率が高い介護職を盛り上げ、サービス品質の底上げにも貢献したい」としている。

 なごみの里はAJCCを毎年開催する方針で、2回目の大会を鳥取県で行う予定だとしている。


【関連記事】
介護福祉士国試、合格者7万人超で過去最高―2回連続減から一転
介護人材の養成の在り方で議論―厚労省検討会が初会合
STの合格率は7.5ポイント増の64.8%、MEは微増の81.4%
地域ケアの必要性を強調―宮島老健局長
職員数の増員など求め要望書―特養ホームを良くする市民の会

最低視聴率を更新=NHK朝ドラ(時事通信)
一部保有のホテル、資産報告書に不記載…小沢氏(読売新聞)
郵政票>民主らしさ 「郵政」対立収拾も… しこり残す小沢流の影響(産経新聞)
金券店に偽造収入印紙 詐欺未遂容疑などで男逮捕(産経新聞)
<核兵器廃絶>プラハ演説から1年 被爆者、決意新たに(毎日新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。